cangoxina
カンゴシナ

佐多宗二商店

 【カンゴシナ】は、芋焼酎が造られ始めた頃、間接的にもろみを温め蒸留するという製法が採られていました。

この焼酎は“不二才”のもろみを使い唯一その蒸留法で仕込まれたものです。

 酒銘【CANGOXINA(カンゴシナ)】の由来は、16世紀にヨーロッパで描かれた地図に記載されている、黄金伝説の国ジパング(日本)の入り口にある、主要な街「鹿児島」の事から名づけられました。

 贈答用はもちろん。ご自身へのプレゼントにぜひ!!オススメします!

(鹿児島県南薩摩産の黄金千貫を100%使用)

明治時代の焼酎は、アルコール度数28度といわれており、CANGOXINA(カンゴシナ)はそのアルコール度数に合わせました。
仕上げも、当時のものに近い濾過をしていますので、少し濁ってみえるかもしれません。

※2018年 限定品


 口に含むとフアーッと広がる華やかな芋の香りが印象的です♪

やさしい甘味が感じられその後からまろやかなビター感が混じりあいクセになります。


アルコール度数28度ですが、飲み心地がよく飲みススミします!!

開栓は左に捻って開ける方が、縦に引っ張るより開栓し易いです。



28度 芋焼酎 cangoxina
           (カンゴシナ)

500ML  1852円 (税別)

●完売しました!


      

いいお酒ドットコム トップへ芋焼酎1へ芋焼酎2へ
サイトマップ1サイトマップ2

買い物カゴを確認する

焼酎 地酒の販売サイトです