焼酎雑学
本格焼酎の歴史
(乙類)
日本に登場したのは、15世紀中頃の沖縄と言われています。
当時、東南アジアと交易の盛んだった琉球王国にシャム国(現在のタイ国)
から伝来したというのが定説です。16世紀になると鹿児島に上陸し、次第に
九州を北上し、江戸時代になると壱岐や伊豆諸島でも造られるように造られる
ようになりました。その後、長い年月をかけて、醸造技術・蒸留技術等が進歩
し、全国的に現在のような本格焼酎が製造されるようになりました。
焼酎甲類
現在では、糖蜜や穀類を原料として製造したアルコール分95%程度の粗留ア
ルコールを輸入して、これを国内の、「連続式蒸留機」(連続的に蒸留操作を
行う蒸留機で、1830年頃にアイルランドで開発)で精留して原料用アルコー
ルを製造し、加水する場合が多いようです。酒類の中で最も酒室の変化が少
ない酒類で、長期保存に適してますが、直射日光に長時間当たるとアルコー
ルが酸化されて刺激臭がする事があります。
焼酎乙類
(本格焼酎)

単式蒸留機を用い蒸留を一度だけ行って製造します。「単式蒸留機」には、
常圧蒸留機と減圧蒸留機の2種類があります。常圧蒸留では、
「地上と同じ1気圧」で「もろみ」を沸騰させる為、蒸留液にも多くの香味成分が
移行し、原料本来の風味が豊かな焼酎ができます。これに対し、減圧蒸留は
蒸留機内部の「圧力を0.1気圧程度」まで下げて「もろみ」を低温で沸騰させ
る為、原料の風味が穏やかな焼酎ができます。「もろみ」を造るのに、用いる
麹菌は、白麹菌・黒麹菌を使用しますが、現在では清酒で使う黄麹菌を使った
本格焼酎も醸されています。
米焼酎
米を主原料に醸された本格焼酎で、熊本県人吉地方の「球磨焼酎」を初め
各地で醸されています。減圧蒸留による香味が穏やかなものから、常圧蒸留
による香味が豊かなものまでいろいろなタイプがあります。
麦焼酎
大麦が主原料とした本格焼酎で、長崎県の壱岐が発祥です。大分県をはじめ
、全国各地で生産されています。減圧蒸留やイオン交換樹脂で処理した香味
が軽いタイプと、麦に由来する香りが豊かな常圧蒸留したものや樫樽貯蔵をし
たものもあります。
いも焼酎
サツマイモを主原料とする本格焼酎で、サツマイモの甘い香りとほのかな甘み
があります。鹿児島県と宮崎県南部が主産地です。常圧蒸留した香味が豊か
なものが主流ですが、まれに減圧蒸留した香味の軽いタイプのものもあります
黒糖焼酎
鹿児島県の奄美諸島でのみ醸造が許可さてている本格焼酎で、
黒糖(さとうきび)を主原料にした本格焼酎です。黒糖の甘い香りがします。
常圧蒸留したものが主流ですが、減圧蒸留したものや長期貯蔵したものもあり
ます。
その他
くり・じゃがいも・里芋・山芋・とうもろこし・酒粕・米ぬか・等いろいろな原料で
醸した本格焼酎があります。


いいお酒ドットコム トップへ

サイトマップ1          サイトマップ2

http://www.iiosake.com/